CMYK

配布しやすいサイズを選ぶ

チラシを印刷するときは、配布のことも考えてサイズを選ぶことが大切です。新聞折り込みなら大きめのチラシが、手渡しなら小さめのチラシが向いています。業者によっては格安でチラシ印刷できるサイズが異なります。

詳しく見る

男性と女性

比較することが大事

格安でチラシ印刷を行いたいのならば専門業者に依頼してみましょう。インターネットから手軽に申し込みができるタイプの業者が増えてきていますので、面倒な手間は一切ありません。格安業者でも高品質な印刷が期待できます。

詳しく見る

印刷物

チラシの印刷の仕方

格安でチラシ印刷をするためには印刷業者を選ぶ必要があります。最近では、ネットで申し込みできるタイプの印刷業者も増えてきましたので、1枚あたりのコストを下げたい場合はネット印刷を利用すると良いでしょう。

詳しく見る

色見本

サービス内容を比較

格安のチラシ印刷サービスを利用する際には、サービス内容等をホームページで確認すると良いでしょう。また配送料や納入時期を、事前に問い合わせておくと、スケジュール通りに納入してもらうことができます。

詳しく見る

印刷

効率的に利用可能

チラシ印刷を格安料金で提供するサービスでは、各種のサービスに関して効率化を進めていて、デザインの入稿がとても簡単になっています。支払い方法はクレジットカードが推奨されており、すべての決済をスムーズに行なうことができます。

詳しく見る

チラシを安く印刷したい

カラーチャート

印刷会社をネットで探そう

チラシ印刷をしたい時に気になるポイントの1つとしてそれにかかる費用だと思います。でもいざ格安で印刷できる業者を探すとなるとなかなか難しいものです。そんな時にはインターネットでチラシ印刷できる業者を探してみましょう。「格安チラシ印刷」といったキーワードで検索すればたくさんの印刷業者がヒットすると思います。最近ではフルカラーのチラシなども以前に比べてだいぶ安くなりましたし、部数も1万部や2万部など大量に印刷しないと受付してくれないことも少ないですし、100部程度の小ロットのチラシ印刷にも対応してくれる業者が多いです。印刷するためのデータなどもワード、エクセルやパワーポイントのデータ、PDFのデータを受け付けてくれるところも増えていますので、デザイナーなどに依頼しなくても多少知識があれば版下データを自分で作って出稿することも可能です。また印刷会社によってはチラシのデザインも格安で作成してくれるところもあります。自分で作れない場合などはこういったサービスを利用するのもいいと思います。チラシのサイズもA3などの大きめのサイズからB6、B7などの小さいサイズまで幅広く対応しているので、入れたい内容や用途などで大きさも調整できます。格安で印刷する場合の注意点は、納期です。印刷料金が安い理由のひとつとして、納期が通常の印刷よりも長くなることもありますので、納期が何日なのかを確認するようにしましょう。