配布しやすいサイズを選ぶ

CMYK

コストとも相談

チラシは多くの人に店の情報を知ってもらうことが目的なので、大量に印刷する必要があります。費用を節約するためにも、ネットで検索して格安でチラシ印刷できる業者を見つけると良いでしょう。ただし大量に印刷しても配りきれなければコストの無駄になるので、配布方法のことも考えておく必要があります。そして配布方法に適したサイズのチラシ印刷を依頼することが大切です。格安チラシ印刷の規格サイズにはA判とB判があることはご存じでしょう。A判はヨーロッパで、B判は日本で伝統的に使われてきたサイズですが、今では両方とも広く流通しています。一般的な格安チラシにはA4サイズがよく用いられます。そのまま配布することもできますが、ポスティングをする際には2つ折りにしておくと、ポストの中でクシャクシャになりにくく、捨てられる可能性が下がります。新聞折り込みのチラシは2つ折りを前提にして、B4など少し大きめのチラシも使えます。逆に街角や店頭で手渡しする場合には、B5やB6など少し小さめのチラシが向いています。大きいと大量に手持ちすることができず、配布の効率が悪くなるし、もらった人も持て余すことが多いからです。特定のサイズしか印刷できない代わりに、他社よりも格安でチラシ印刷をしている業者があります。また規格サイズ以外に、変形サイズの印刷を受け付けている業者もあります。コストとニーズを秤にかけて、最適な業者を選んでください。