可愛がってきたペットを手厚く供養する、ペット供養業者

Service Pets

家族の病気

ペットは、家族の一員

犬は、一昔前は外で飼われていることが多く、その役割も番犬や狩猟の際に使用されるということが多かったようです。しかし、最近は室内で飼われる犬がほとんどですし、ペットとしてではなく、家族の一員という認識を持っている人が多いようです。 犬などのペットの医療は、人のそれと比べると遅れていると言われてきました。しかし、最近は人と同様の治療を受けることが出来る施設も増えてきています。 悪性腫瘍である癌に対しては、癌を外科手術で取り除くという方法だけではなく、抗癌剤による治療や放射線治療など、腫瘍のタイプに応じて治療法を組み合わせたり、最適な治療法を選択することが出来る事も多くなってきています。 今後は、ますます高度な医療を受けることが出来ると考えられます。

治療費が高額になる場合もあります

ペットの癌治療では、飼い主がペット保険に加入している場合を覗いて、治療に掛かった費用は飼い主が全額負担する必要があります。検査費用や治療費用、入院費などを合算すると、高額になるケースもありますので、注意が必要です。 あらかじめ、費用や治療の効果・副作用についてしっかりと話し合うようにしましょう。 放射線治療や抗癌剤治療は、全ての病院で行うことが出来るわけではありません。大学病院もしくは、それと同等のスタッフ・設備の整った病院を選ぶようにしましょう。ただし、動物病院の紹介がなければ診察を受けることが出来ない場合もありますので、注意が必要です。診療を受ける際にはこれまでの服用した薬の種類や治療履歴、検査結果などを持参するようにしましょう。